2/4ページ

2/4ページ
  • 2019.02.12

株とFXで生計を立てる!と30代で会社を辞め「得たもの・失ったもの・捨てたもの」

30代の自分が株で生計を立てようと思い、会社を辞めて数カ月が経ちましたが実際に会社を辞めてみて「得たもの・失ったもの・捨てたもの」が色々と明らかになってきました。 という事で今回は「これから会社を辞めよう」とお考えの方の参考になればと思い、会社を辞めると何を得られ、何を失うのか、それに加えて自分が会 […]

  • 2019.02.10

投資と投機の違い

皆様、「投資と投機」って何が違うのかご存じでしょうか。 自分は「投機」って何だろう?とずっと気になっていたので暇な時間に思い色々と情報を探してみました。 トレードの世界に足を半分踏み入れている者が「投機も知らんかったのか」って感じですが、、、良い機会なので「投資・投機」の意味や違い、自分の持った印象 […]

  • 2019.02.09

FX初心者の時「本当に救われた!役立った!」と思ったおすすめFXブログ

今の時代、質の良い情報が無料で手に入り易くなったと感じます。 自分もトレードの勉強を始めた時からYoutubeやブログのお世話になっています。 さて、そんな普段からお世話になっているインターネット上の情報の中から自分が「トレードでどうにか生きていこう」と勇気をもらったブログを一つご紹介したいと思いま […]

  • 2019.02.03

投資家cisさんの本を読み学んだこと 日経平均を動かせる男 cis語録

先日「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」という本を購入し読んでみましたが、株初心者の自分にとっても興味深い情報が詰まった「ためになる投資勉強本」でした。 長期投資をメインでされる方にとってはあまり得られるものはないかなというのが正直な感想ですが、短期~中期トレーダーを目指す方にとっては知って […]

  • 2019.02.02

【タイ株 おすすめ銘柄】安全に高配当を狙うならコレだと思った銘柄5選(2019年2月版)

自分は以前に「5,000万円をタイ株の長期投資に突っ込めば配当生活が成り立つかもしれない」と妄想したことがあります。 今回はこの妄想の中で「現時点なら色々な面でリスクが少なそうで安全かつ高配当なこの5銘柄を狙うだろうな」と目星をつけた銘柄がありますのでご紹介させて頂きます。 投資効率だけでいうと短期 […]

  • 2019.02.01

【タイ株 高配当銘柄】無料で「タイ株配当ランキング」が見れるアプリ

さてタイ株の情報をあれこれ探していたらようやく無料で「タイ株配当ランキング」が見られるスマホアプリを発見しました。 なんと最新の「高配当上位20社」が見られるだけでなく、「銘柄ごとの過去の株価の値動き」、「昨年の財務状況」までもが一緒に見られる素晴らしいアプリなんです。 スマホにダウンロードして、無 […]

  • 2019.01.27

【タイ株 情報収集方法】無料 タイ株銘柄別「出来高、上昇、下落ランキング」の見方

今回はタイ株の「出来高ランキング」に関する情報をシェアさせて頂こうと思います。この情報も毎度おなじみのsettradeというウェブサイトで確認できます。 しかも「出来高ランキング」だけでなく「株価の上昇率、下降率のランキング」も同時に見られるんですね。短期トレードの銘柄探しに本当に重宝しています。 […]

  • 2019.01.26

【タイ株 投資 勉強】タイ株の外国人投資比率を知る「意義」と「調べ方」(2019年版)

タイ株トレードをしている「いち外国人」として、ふと「タイ株の外国人の投資比率」ってどれくらいなんだろうと気になりました。日本の株式市場だと大体30%くらいが外国人投資家によるものだと言われていますよね。 ではタイは?ということで調べてみました。 無料で使えるタイのウェブサイトsettradeにで簡単 […]

  • 2019.01.21

無料で見られる「タイ株の配当カレンダー」

今回は自分が普段から情報収集に使っているタイ株のサイトと、その中でもこれは便利だと感心した「タイ株配当カレンダー」を紹介させて頂きます。 「タイ株配当カレンダー」を見るにはまず「settrade」というウェブサイトにアクセスする必要がありますが、無料でしかも登録無しで色々な情報が見られるため本当に重 […]

  • 2019.01.20

なぜ株価は動くのか?を解説

皆さん、なぜ株価が動くのかっていう事を気にされたことありますでしょうか。 自分はまだまだ勉強中の身ですが、オリバー・ベレスの著書「デイトレード」を読んでいて「なるほどなぁ」と思った点があったのでシェアさせて頂こうと思います。 それは「短期投資と長期投資では株価変動の要因を分けて考える必要がある」ので […]

1 2 4