タイ駐在員、在住者がバーツできる投資3選(タイ株、FX、仮想通貨)

タイ駐在員、在住者がバーツできる投資3選(タイ株、FX、仮想通貨)

タイ駐在員、在住者の中には日本のマイナンバーカードが無いために日本で証券口座やFX口座、仮想通貨の口座が開設できなくて困っている方も一定数いらっしゃるかと思います。

今回はそんな方に向けて「タイにいても株式投資もFXも仮想通貨投資もバーツでできるよ」という事をお伝えしたいと思います。

もちろんマイナンバーカードが無ければ日本株は購入できません。ですがせっかくタイに住んでいるわけですから高配当のタイ株に投資をすれば良いと思いますし、FXや仮想通貨なら案外簡単にバーツ建てで取引可能です。

ここではタイにいながら投資を始めるための具体的なステップをご紹介しますのでご参考頂ければと思います。

 

ステップ1:タイで投資をするための基礎準備

タイでタイ株、FX、仮想通貨の口座を開設する際に下記のモノが必要になります。(タイの銀行口座を持っている事が前提です)

  • スマートフォン(本人確認をカメラで行うため)
  • パスポート
  • 住所確認書類(過去3カ月以内のタイの銀行残高証明 or 過去3カ月以内の本人名義の携帯電話・電気料金・水道代などの請求書)
  • ある程度の英語力(特にFX、仮想通貨でトレードを行う場合)

現地で働いている方またはその配偶者、学生さん、タイ人の奥さんをお持ちの方は問題かと思います。

一方「タイに観光に来て、タイの投資用口座を作って帰る」という事を考えていっらしゃる方がいるかも知れませんが、労働許可証などが無いとタイの主要銀行の口座開設ができないためタイ国内での投資は基本的に難しいと思われます。

 

ステップ2:バーツ建てで入出金、取引ができる投資口座を開設する

準備が整ったらタイ株、FX、仮想通貨の口座を開設する訳ですが「どの会社を選べば良いの?そもそも日本語で申し込めるの?何かと怖いな、、、」とお思いの方もいっらしゃるかも知れません。

ここでは自分自身が過去2年間、色々と調べ実際に口座を開設しトレードしてきた中で使い勝手が良く、きちんと出金もできた信頼できる会社をご紹介したいと思います。

これらの会社を選んだポイントとしては信頼できる会社なのはもちろんですが、バーツ建てで入出金が出来る事、バーツ建てでトレードが出来る事をポイントとしています。

特にタイでFXをする場合、入金・出金に「バーツ⇒米ドル、米ドル⇒バーツ」と両替が必要な会社がほとんどで往復の手数料だけで3%~、ひどい会社だと10%近く手数料で持っていきます。そのためタイでFXをする場合は「バーツ建てで入出金とトレード、両方ができる事」が利益を残すためにかなり重要になってきます。

では早速見ていきましょう。

 

タイの証券口座

SBITO(SBIタイオンライン)は日本の大手証券会社「SBI証券」が母体で信頼性については言うまでもありませんね。タイ在住の日本人がタイ株をするならこの証券会社一択しかないと思っています

-取引手数料 片道0.075%

-日本語サイト有、日本語サポート有。申し込みやサポートはすべて日本語対応ですから英語が苦手な方でも全く問題なしです。

2017年くらいまではKTZMICOというタイローカルの証券会社を使用していましたが手数料はSBITOの2倍近く高いため、現在はSBITO一択になってしまいました。こちらも日本語サポート有ですが、手数料が高いためわざわざこちらを選ぶ理由も無いかと思います。

 

タイで開設できるFX口座(バーツ建てで入出金・トレードが可能な会社)

「タイで」とは言いつつ実際は海外のFXブローカーでの口座開設になりますが、ここでは「タイの銀行からバーツ建てで入出金ができ、入金したバーツでそのままトレードができるFX業者」をご紹介します。

ただし登録の際には「Country/Region of residence 居住域 :Thailand 」にするのと「Currency 通貨:THB」を選択にするのをお忘れなく。

 

EXNESSは2008年設立の海外FXブローカーです。個人的にはバーツ建てでは唯一まともな取引条件トレードが出来るFXブローカーだと思っています。

-海外の金融承認をしっかり受けている業者であること、10年以上事業を続けている事からそこまで危険ではないと判断し使用しています。

‐2019年から2年近く使用していますが入金・出金もかなり早く問題はなさそうです。入出金の手数料は無料です。

‐日本のFX業者ほどスプレッドは狭くありませんがGBPUSDで0.9~1.3pips(取引手数料なしのプロ口座)といったところで極端に悪い条件ではないと思っています。手数料有の口座などもありスプレッドも異なりますのでご自身に合う口座を選ばれるのが良いと思います。

-日本語サイト有、日本語サポートはおそらく有ですがいざトラブルが起きたら英語でメールする覚悟は必要だと思います。

 

※XMTradingと混同にご注意を!XMTradingでは登録時にThailandが出てきません。XMとXMTradingでは管轄エリアが異なるためかと思います。)

XMは2009年設立の海外FXブローカーです。バーツ建てで入出金とトレードが出来る数少ないFXブローカーですがスプレッドが広いのが難点です。

-海外FX業者と言えばXMという名前が浮かぶほどの老舗ですよね。少し昔はハイレバ・ロスカット狩りなどの危険な会社というイメージでしたが、ネット上の情報だと最近はそういうのは無いとのこと。会社が大きくなり変な事はやらなくなったのかも知れませんね。

‐こちらは2020年から試しに2カ月ほど使用しましたがEXNESS同様に入金・出金もかなり早く問題はなさそうです。こちらも入出金の手数料は無料です。

‐EXNESSと比べるとスプレッドは広いです。GBPUSDで1.0~2.0pips(取引手数料なしのUltraLowStandad口座)といったところです。スプレッドの幅は広いのですが平均してEXNESSの+30%くらいのスプレッドです。EXNESSと同様に手数料有の口座などもありスプレッドも異なりますのでご自身に合う口座を選ばれるのが良いと思いますが基本的に他の業者と比較してもスプレッドは広い部類に入ると思います。

-日本語サイト無し、直接連絡を取り合った事はありませんトラブル時の英語でのやりとりは間違いなく必要だと思います。

 

自分の好みのFX業者と口座と選択し、本人確認書類(パスポート、生体認証、住所確認)を提出、業者側から承認が下りれば晴れてバーツでのFXトレード開始です。

 

タイで開設できる仮想通貨口座

最近またビットコインの価格が上昇していますし仮想通貨に投資をしたい方も増えているかと思います。「タイにいながらバーツ建てで仮想通貨を買いたい!」という方には下記のローカル仮想通貨取引所が選択肢に入ると思います。

 

Bitkubは2018年設立の仮想通貨取引所で、今の所のタイでは最大手の取引所です。タイで仮想通貨に投資するならこの取引所一択かと思っています。

-1日あたりの取引量はBTC/THBで$27,082,304 (約27億円)※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-1日あたりの総取引量約85億円 ※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-トラストスコア 9 ※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-取引仮想通貨 36種類

-2020年の頭から1年弱利用していますがオンラインバンキングを使用しスムーズにバーツの入金・出金が出来ています。

-取引手数料 片道0.25%

 

Satang proは2019年設立の仮想通貨取引所です。Bitkubに比べると取引量はかなり少ないですがBitkub以外の選択肢ではここしかない、という状況です。

-1日あたりの取引量はBTC/THBで$439,863 (約0.45億円)※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-1日あたりの総取引量約1億円 ※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-トラストスコア 5 ※2021年1月17時点 参照coingecko.com

-取引仮想通貨 29種類

-こちらはBitkubと同時期に口座を開設しましたが、一度入金してすぐ出金しただけで正直な所どこまで信頼して良いのか良く分かっていません。入出金のスピードはBithkubと遜色ありませんでした。

-取引手数料 片道0.25% (取引量が増えると0.12%まで下がるそうです)

 

仮想通貨取引所も色々探しましたがタイ国内でトレードのプラットフォームがしっかりしているのはこの2社くらいでした。

正直なところ、どこの仮想通貨取引所も完全に安心はできませんがタイにいながらバーツ建てで仮想通貨に投資を行うのであればBitkub一択になるかと思います。

 

まとめ

日本の住民票を抜いてきた、マイナンバーカードがない、という方でも

タイ株投資ならSBITO(SBIタイオンライン)

FXならEXNESS

仮想通貨ならBitkub

とタイ国内でも投資の選択肢はしっかりありますよ、という事をお伝えしました。

日本ほど会社の選択肢が無かったり、バーツ建てで投資をしないといけない、などの違いはありますが貴重なチャンスを逃すよりかははるかに良いですよね。

しばらく日本に帰れなくても、帰る予定が無くても、タイ国内でしっかりした会社を選んでよいトレードライフを送りましょう!

では。

 

タイの株/FX/仮想通貨口座についてカテゴリの最新記事