タイで開設できるFX口座を徹底比較!ベストな口座を選ぶ基準とおすすめFX口座

自分は2019年からタイでFXを始めましたが、当時は日本語の情報がほぼ無かったためタイ語と英語の情報を漁りながら、実際に口座を開設して入金手数料、両替手数料、スプレッドなどを比較したのを覚えています。

今回は自分がタイで口座開設したFX会社5社を徹底的に比較し、結局タイではどこのFX会社が一番安心且つお得なのかを簡潔にまとめて、記録として残しておこうと思います。

これからタイでFXを始める方々のお役に立てば何よりです。 

会社信用度・通貨ペア・レバレッジの比較



EXNESS 
EXNESS

XM.COM
XM

OCTA FXOCTAFX

JustForex
JustForex

FXTM
FXTM
会社設立日2008年2009年2011年2012年2013年
本部セイシェル
共和国
ベリーズロンドン
(不明)
ベリーズキプロス
金融
ライセンス
FSA「SD025」IFSC「000261/158」不明不明CIF「185/12」
バーツ建て
トレード可否
〇 可能〇 可能× ドル建て〇 可能× ドル建て
トレード対象為替・株式
株価指数

仮想通貨
貴金属

エネルギー
為替・株式
株価指数
貴金属

エネルギー
為替・株式
株価指数
貴金属

エネルギー
為替・株式
株価指数

仮想通貨
貴金属

エネルギー
為替・株式
株価指数
貴金属

エネルギー
通貨ペア109通貨ペア55通貨ペア以上32通貨ペア65通貨ペア57通貨ペア
レバレッジ2~2000倍1~888倍1~500倍1~3000倍25~2000倍
※上記の情報は公式ホームページより抜粋したものとなります。

知名度からしてもXMが一番歴史がある会社だと思っていましたが、EXNESSのが歴史が長かったんですね。

会社の信用度としては、会社の歴史も加味すると「1位 EXNESS、2位 XM、3位 FXTM」となるかも知れません

OCTAFX、JustForexについては金融ライセンスが明記されていませんでした。少し疑問が残ります。

ただ英語のサイトを見ている限りOCTAFX、JustForexともに長年トレードをしている方もいらっしゃるようでした。

トレード条件(両替手数料、スプレッド、トレード手数料、ロスカットライン、ゼロカット)の比較

EXNESS 
EXNESS
XM.COM
XM
OCTA FXOCTAFX JustForex
JustForex

FXTM
FXTM
入出金時
の両替コスト
バーツ建て
のため不要
バーツ建て
のため不要
往復 0.30%
(バーツ⇔ドル)
バーツ建て
のため不要
往復 1.45%
(バーツ⇔ドル)
バーツ入出金
手数料
無料無料無料無料無料
比較した口座 Pro口座Ultra Low Spread
口座
MT4口座Raw Spread口座Advantage口座
比較口座
の参考
スプレッド
USD/JPY
0.8~1.2 pips

EUR/USD
0.6~1.1 pips

GBP/USD
0.8~1.5 pips
USD/JPY
1.1~1.4 pip

EUR/USD
0.8~1.2 pips

GBP/USD
1.2~1.6 pips
USD/JPY
1.6~2.2 pips

EUR/USD
1.2~1.5 pips

GBP/USD
1.8~2.5 pips
USD/JPY
0.4~1.7 pips

EUR/USD
0.1~0.4 pips

GBP/USD
0.6~0.9 pips
USD/JPY
0.3~0.6 pips

EUR/USD
0.2~0.5 pips

GBP/USD
0.6~1.3 pips
比較口座
のトレード
手数料
トレード
手数料無し
トレード
手数料無し
トレード
手数料無し
トレード手数料
往復0.8pips
トレード手数料
往復0.6pips
ロスカットライン
(Stop out level)
証拠金維持率 0%証拠金維持率20%証拠金維持率15%証拠金維持 20% 証拠金維持率 50%
ゼロカット有無
(Negative Balance Protection)
ゼロカット有
(追証なし)
ゼロカット有
(追証なし)
ゼロカット有
(追証なし)
ゼロカット有
(追証なし)
ゼロカット有
(追証なし)
※上記の情報は公式ホームページ、実際の入出金による計算、およびMT4/MT5より確認したものとなります。
※比較口座は各社の「低スプレッド口座」を選択し比較しています。

トレードをするには「両替手数料+スプレッド+トレード手数料」が掛かりますが、自分の場合は両替手数料は掛けたくないという思いが強いためOCTAFXとFXTMは候補から外れます。

バーツで「入金→トレード→出金」が出来て、両替手数料が不要なのはEXNESS、XM、JustForexの3社です。

この3社で「スプレッド+トレード手数料」を比較するとEXNESSが一番安く、2番目にXM、3番目にJustForexとなります。

ロスカットライン(強制決済ライン)はEXNESSが証拠金維持率0%ですので、いざという時に5社の中では一番最後まで耐えられますね。

証拠金維持率50%のFXTMですが、ハイレバトレードする場合は注意が必要です。指標などで値動きが激しい時はあっという間に強制ロスカットになります、、、耐えればいける自信があってもにシステムが勝手に損切りしてしまうのでハイレバトレードには向きません。

一方、ゼロカットは5社共通して採用しているため、どの会社で大きく失敗しても借金を負うことはなさそうです。

5社の総評と各社のおすすめ度

EXNESS 
EXNESS
XM.COM
XM
OCTA FXOCTAFX JustForex
JustForex

FXTM
FXTM


総評

1)トレードにかかるコストが安い

2)会社の規模が非常に大きく安心


3)ロスカットラインが証拠金維持率0%

1)会社の規模が非常に大きく安心


2)トレードコストも許容範囲(Ultra Low Spread口座に限る)
1) 両替手数料がかかりスプレッドが高い

2)特筆する良い点が無い
1)トレード手数料が掛かるが、MT4に表示されず知らなければ気づかない

2)特筆する良い点が無い
1)トレード手数料が掛かるが、MT4に表示されず知らなければ気づかない

2)入出金の度に資金が1.45%減るのはかなりのロス

3)証拠金維持率50%でロスカットは使いにくい
おすすめ度 100% 80% 10% 20% 5%

「会社の信用度、トレードにかかるコスト」という切り口だけで見ても、

1番目の選択肢はEXNESS、 2番目にXM他の3社は使用メリット無しのため選択肢に入らない

という判断が出来るとかと思います。

まとめ

以上、タイで開設できる5社のFX口座をできるだけ客観的に比較してみましたがいかがだったでしょうか。

タイでFXを始めてから約2年半が経過しましたが、自分は

  • 会社の信用度
  • トレードコスト( 両替手数料、スプレッド、トレード手数料)
  • ロスカットラインの深さ (盲点になりがち)

の3つを基準にしてFX会社と口座を選ぶようになりました。

どれだけたくさんボーナスがついても出金出来なかったり、トレードする度にコストがかさめば結局自分の手元にお金が残らないと考えているからです。

それとロスカットラインの深さも絶対に見ておくべきです。

証拠金維持率50%でロスカットなんかでは少額ハイレバトレードは本当に難しいです。ロスカットされて初めて気がつく盲点と言えるかもしれません。

これからタイでFXを始める方、また良いFX口座を探している方の参考になればと思います。

——-以下 各FXブローカーへのリンクです ——-

EXNESS Website
EXNESS
XM.COM Website
XM.COM
OCTAFX Website
OCTA FX
JustForex Website
JustForex
FXTM Website
FXTM

コメント